自分が変われば世界が変わる

申告な症状

うつ病は体にはあまり変化の見えることは起こらないのですが、精神的に大きなダメージがかかる場合もあります。そのときにはどうすれば良いのか症状チェックしておき、対策の方法を紹介します。

詳細はこちら

原因を知ること

基本的にどんな病気であっても原因や症状を知ることが治療の近道になります。つまり、うつ病も何が原因で引き起こされたのか把握しておくことが重要なので、しっかりチェックしてみましょう。

詳細はこちら

違う症状について

うつ病の症状は人によってそれぞれ特徴があります。そのため同じ症状ではなく違った症状が現れることもあるので、どんな症状なのかチェックしてみましょう。そうすることで、解決できるのです。

詳細はこちら

支援してもらう

人によってうつ病の症状は違うのですが、精神的に大きなダメージになっていることは間違いありません。そんなうつ病について知るためには、体の仕組みについても学んでおき、治療のサポートを活用しましょう。

詳細はこちら

治療について

うつ病が発症してしまったときには、どのような種類のうつ病なのかチェックすることも大切です。一般的にうつ病はネガティブになると思われていますが、それとは全く逆の症状もあるので、そんな症状も見逃さないようにしましょう。

詳細はこちら

Topics

季節の変わり目

不安な気持ちを溜め込むと更に悪化してしまううつ病は専門のクリニックで診てもらいましょう。専門医にお任せすればつらい症状も解消できますよ。

うつ病の疑いがある方は一度病院で診断してもらうことをおすすめします。解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

日照不足がうつ病を引き起こす

「季節性のうつ病」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。 日本ではまだあまり認識されていないようですが、日照不足が引き起こす、うつ病のことを言います。 秋口から冬が深まるにつれ、気分が落ち込み、過眠、過食になったり、何事もおっくうで、人と会うことも面倒くさくなったり。そんな経験ありませんか。 もし思い当たるふしがあるという方は「冬季うつ病」の可能性があります。 春になると自然と回復していくため、うつ病と気付かず、「寒いから仕方がない」と思い込んで諦めている人もいるかもしれません。 ではなぜ日照不足がうつ病を引き起こすのでしょうか。 それは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少することが原因のひとつと考えられています。セレトニンが不足すると思考力の低下や精神障害を引き起こすのです。

うつ予防には、もっと光を

精神バランスを整える働きがあるセレトニンは日照不足になると減少します。 それではセレトニンが正常に分泌されるようにするためには、どうすれば良いのでしょうか。 セレトニンは体内時計が一定していれば正常に分泌されます。しかし日照不足が続くとそれが原因で体内時計が乱れた状態になり、セレトニンもその影響を受けて正常に分泌されなくなります。 ですから、乱れてる体内時計を正常に戻してやれば良いのです。 そのためには日光を浴びて乱れた体内時計をリセットさせます。 朝、起きたら太陽の光を浴びるようにします。できれば日中より朝方の方がより効果的です。 太陽の光を浴びると、身体は朝あるいは昼ということを認識し、それに合わせて体内時計をリセットしようとします。15分ほどでも、毎日続けることで十分体内時計はリセットできます。

うつ病の人への接し方はどうすればよいか

うつ病の人への接し方はどのようにすればよいか。 それはまず意識的になりすぎないことが大切です。うつ病の相手を意識する余り、相手を隔離してしまったりすると、今度は相手がそれを契機にうつ病の症状を深めてしまうようなことになりかねません。 まずは相手の症状への理解を示しながら、見守ってあげることでしょう。 ただし時には相手の仕事ぶりや、その態度に苛立ちを覚えることもあるでしょう。うつ病は個人的振る舞いへの全方向的な免罪符ではありませんので、相手がうつ病であれ言うことは言ってもいいと思います。その時に、少しだけいつもより言葉を柔らかくして本質を伝えてあげればいいのではないでしょうか。大事なのは、何を言うかよりも、そこに相手への敬意や思いやりがあるかどうかなのです。

思いやりをもって見守りましょう

相手への思いやりがあれば、きっと相手も理解してくれることでしょう。そのような愛情のある行為こそ、うつ病に苦しみ人たちを救う最も確実かつ唯一の方法とも言えるでしょう。つまりそこには多くの親が子供にもつような愛情が必要不可欠なのです。 思えば我々は自分に優しく他人に厳しい世の中を生きています。皆が自分や自分の家族、友達には優しいですが、それ以外の人へは必ずしもそうではありません。それが結果的には脱落者を生み、その究極的な結果が局所的に混迷を深める世界情勢ではないでしょうか。 全体的に見れば世界はよくなっていますが、その一方で、隅に追いやられた脱落者が凶行を重ねるようになっています。これはよく考えれば当然のことではないでしょうか。

増加傾向にあるうつ病

現代社会において、うつ病が増えつつあります。 うつ病とは精神疾患の一つで、症状は人により様々です。 治療法はカウンセリングや投薬治療などがあり、保険の範囲内で治療が受けられるものがほとんどです。 うつ病が増加傾向にある理由は何点かあり、アルコールや危険ドラッグや覚せい剤などの薬物の乱用、また社会人とは切っても切り離せない仕事に関するストレス、児童虐待などがあります。 また高齢化してきている社会において、高齢者が先行きの不安などからなるケースも増えてきています。 日本はまだうつ病の受診率が低いために患者数が少ないとされており、これから受診を受ける患者が潜在的に存在していることから、増加傾向にあるとされています。